記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【戦績報告】しろくろトリオ


どうも筍Pです。

今回もまたトリオに出てみました。いつになく散々な結果でしたが、これも反省ということで記事にしてみることに。毎回反省するって言ってるけどそろそろ結果出そ?????はい、すいません()

【大会名】
BCF横浜地区トリオサバイバル

【使用デッキ】
赤緑おそ松さん

【使用理由】
物語、艦隊の調整が間に合わず、アイマスは構築が歪んでしまい、消去法でおそ松へ。一応環境を意識した構築にはなってるし、と自分を言い聞かせる。ちなみにレシピは前の記事から1枚変えただけ。

【チーム】
先鋒:青赤GF(田中サンフラワー)
中堅:おそ松さん(拙者)
大将:TP(スチールウール)

【配置理由】
完全にランダム(引いたカードで決めた)

【1回戦】宝化物語先〇
先行ワンパン、次ターンオカ研3パンCXの綺麗な流れ。
しかし相手も初手で中学生を2枚持っている上に、良い位置でのキャンセルが続くため上手く打点差が埋まらない。
お互い1リフの流れ。しかし置き相殺、修羅場を上手く使えたため、こちらハンドとストックにとても余裕がある展開。
2に上がり相手対応1面出すも、こちらの2/19000(記事には書いてないやつ)に割られる。すると後続が出ず、相手はしばらくチャンプが続く。
相手先に3に上がり、クロシュー蟹真宵で詰めにくるもこちら山固く全然通らない。一応3に上がったのでクロシューヒール出しアタック。相手3ー5。相手クロシューを回収し真宵再登場し改めて詰めに来るも、また山固く打点入らない。相手投了により勝ち(こちらがクロシューして3ー6で山少なかったため)。
全体的な感想は終始盤面制圧してたため、2帯の連動以外でCXを貼られず、打点レースに余裕ができたのが勝因だった。化物語を前日までにしっかり練習しておいたかいがあったというもの。

先鋒から

ミルキィ× 物語○ アイマス× チーム負け

抽選狙いで継続。いつものムーブ。

【2回戦】デレマスTP後〇
じゃん負けしマリガンで相手TPと知り死を悟る。
相手初手暁集中2面でワンパン。頼む貫通しろと天に祈りながら返しショトカ3面明石2面で3パン。しかし1キャンされ貫通はなし。
返しで相手集中2ヒット。楓と暁持ってきて相殺込みで3面割られる。は〜ヴァイスお上手いですわ〜〜()
こちら5で止まったのでオカ研で先上がり。置き相殺からCXを貼り、再びドキドキ貫☆通ゲーム開始。2キャン。世界は無慈悲。
しかし置き相殺がぶっ刺さり、島風するもダイレクト面2面もらえる美味しい展開へ。またも明石で相殺を無限に生成し、少しづつ打点で勝っていく。
相手1リフから2に上がりTP凛早出し。待ってましたとばかりにエクスタシーと足立出し制圧を考えるも美夏でエクスタシー消える。足立は通ったからまぁまぁまぁと考えてたら相手杏早出し。新たな悩みが増えた。
2/19000は手に持ってたのでショトカ運良く2枚来ないかな、とか思ってクロツーしたら2枚来たので(1枚来たら明石でサーチしようと思ってたけど運が良かった)ショトカショトカ2/1で13000出し杏を割るムーブ。
相手、2ー6でクロック破棄し雑に3パン。2/19000だけ帰ってくる。ちなみにこちらも2でキャンセルしまくっている(明石捻り続けたせい)ので、相手のアタック終わってまだ2ー6。
ターンもらって控え落ち7だったのでヒール早出し。山1/5だったので、雑に殴って終わりでええかー(本来はダメ)と考え、とりあえず殴る。
1から1。入る。
2から3。入る。
2から4。入る。
次の相手山上4枚クラマ。うーん、ヴァイスシュヴァルツ。
2ー5で勝ってしまった。対戦相手の方には本当に申し訳ない。
感想としては、これもまた終始こちらが相手の対策ができ、手札の減る相手が毎ターンクロツーor集中に追い込めたので内容としては良かったかな、と。早出し対策を色々考えて良かったな、と心から思いましたとさ。

先鋒から
ラ!〇 TP〇 艦これ〇 チーム勝ち
この調子で行きたい

【3回戦】ログホラ先×
先取るも、珍しく0をほとんど引けない。スタートワンパン、2ターン目もワンパンというロースタート。相手は0からキャンセルが回り、こちらの打点が入らない。
こちら1帯先上がりして相殺3面で殴るも全キャン。集中ワンヒットからマリエールで0リフされる。こちらも控えストブを貼り続けていたので相当な圧縮の状態で1リフ。圧縮対決となる。
ここからがいけなかった。
相手は置き相殺に適当にぶつけて111打点で殴り2発くらい入れてくるのに対し、こちらの222打点は毎回全キャン。ドラ2が裏目に出る展開になってしまう。二週目も相手は1の前半でリフされ、敗色濃厚な流れ。うーむ。
三週目でやっと相手が2に上がり、アカツキを早出し。待ってましたとばかりにエクスタシーを出し、上から粉砕。しかし相手の三週目もキャンセルが荒ぶり、相手2帯の前半でこちらが3へ先上がりしてしまう。
レベル3シロエ2枚を数ターン前に加えていたので、木山配置してレベル3を両端に置き3500拳を構える。中央は捨てた。ダイレ3面の1発入り、相手2ー6でリフ。
3ー0になった相手は後列シロエシロエ中央アカツキ出し、両端はチャンプ。CX無かったのでこちら3ー2。中央はソウルマイナス2。
こちらヒール出し直し、中央割りに行くもカウンターで弾かれる。ダイレ33も通らず相手3ー0のまま。
相手クロツーからアカツキ出し、13000で両端を割りに来る。CX無かったので拳で弾き、またダイレ面2面。ちなみにここでエクスタシー発動し、3ー0に戻る。公式戦初エクスタシー(アヘ顔Wピース)
ここで、試合時間がヤバイことを悟り、ドローから適当に0を出し、何も考えずにすぐアタックに入る。相手2発入り3ー5になるが、次ターンに相手クロツーからアカツキ出し、シロエ2面を前に出し扉を貼る。山上8枚確殺ぶち抜かれ死亡。南無。
感想としては、0のロースタート、後半は時間に追われプレイングが雑になったこと、圧縮作られた相手への対処など、まだまだ詰められた場所がいっぱいあったなぁ、という感じです。特に、早い段階で相手へ早くプレイングするよう指示していれば、最後も勝ちへの択を探す時間があったのかと思うと、まだまだレシピには遠いなと思いました。

先鋒から
(スマン忘れた)× ログホラ× (スマン忘れた)〇
チーム負け。3没。もぶもぶもぶ。

【結果】
個人2ー1。チーム1ー2。当日一時間前にデッキを決めた男の末路なんてこんなもん。

【感想】
おそ松さん思った以上に強くね????????
構築が環境を意識していたおかげもあって、回してて不自由に感じる事はなかったし、来期も構築が煮詰められそうならおそ松さんで出る選択肢も充分ありえそうな気がする。まぁ次は大会1ヶ月前までにデッキは決めておきたい(戒め)

とりあえず、組んでくれた横に圧倒的感謝。出れただけでも良い経験だった。次こそは全勝できるよう、今のうちから自信つけときます。

ではでは。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。